ご 挨 拶

電気化学会九州支部
平成22年度支部長
亀井 啓次
 
 

 昨年はハイブリッド自動車が市販車売上げ上位にランクされ、各種補助金、エコポイントなどにより環境対応、省エネルギー技術が推進されるなど、環境に対する人々の意識や流れが明確になった年であったと思います。今後ますます、環境およびエネルギー関係技術の進展と実用化が進んでいくことと考えられます。こうした流れの中で、電気化学は、リチウムイオン二次電池や燃料電池などの電池・エネルギー技術、電解工業、センサー技術、生物化学と、活躍の領域が幅広く、その進歩や技術革新が、未来に大きく貢献できる学問です。新たな技術や製品が、電気化学会、特に九州・山口地区から全世界に向けて発信されていくことを期待しております。 電気化学会九州支部では、講演会・見学会、工業物理化学講習会、トークシャワー・イン九州などを通して、九州・山口地区の会員のみなさまに、最先端の技術情報交換と交流の場をご提供させて頂いています。著名な先生の講演の他にも、若手研究者や学生の方々には、化学関連支部合同九州大会、トークシャワー・イン九州にて、研究成果の発表、また産学官交流の機会を設けております。 会員のみなさまの積極的なご参加とご協力をよろしくお願い申し上げます。  

★過去の支部長挨拶
  H17 H18 H19 H20 H21


Copyright 2005
Kyushu Branch of the Electrochemical Society of Japan All Rights Reserved.